www.thesmacker.com

.

.


喘息の発作の苦しさは経験した人でなければわかりません。 私は長年喘息に悩まされていました。 幼少期に発症した気管支喘息は成人するころまで続きましたが、 入院するくらいの発作の時の苦しさを言葉に表すならば、 「息を吸うより、このまま息をとめているほうがまし」といったところでしょうか。 実際母親に「おかあちゃん、私もう息吸うのやめていい?」って言ったほどでした。 普段は気管支拡張剤の吸入ですぐに治まる発作が治まらなかった時は 生きるための呼吸が辛くて、死んでしまいたいとまで思いました。 吸いにくい酸素を必死で腹筋、胸筋を使って呼吸するので 発作が治まったあとは激しい筋肉痛に襲われるのも、 病後体力のない時期にはとても辛い物でした。 当然体重も2〜3キロは簡単に減ってしまうので、高校生の頃などは 喘息ダイエットなどと自虐的に言っていましたが、 あんな不健康なダイエットは誰にもオススメできません。 大人になって発作が起きることはなくなりましたが、 今でもあの発作の苦しさは忘れることはできません。 陣痛も経験した今でも、この世でいちばんしんどいことは喘息発作だと言い切れます。

HOMEはこちら


  • 今人気が高まっているのがツヤメイク
  • 宅配の荷物が増えても安全運転して欲しい
  • 喘息の発作は本当に苦しいです
  • 推理小説を千冊以上は読んでいます
  • 先日は外食をしてきました
  • 年齢とともにショッピング方法も変化
  • 今だからこそおススメする国内の旅行スポット
  • 宝くじを知人と一緒に購入
  • 猫の耳が風船みたいに膨れた原因
  • 手術では治らない
  • 40代後半から関節痛に悩まされています
  • バストアップの方法。
  • シャンプーって毎日してる?
  • 中古住宅25年後の引越し
  • 今年のクリスマスプレゼント
  • 美容サプリメントが大好きで毎日飲んでいます。
  • 健康食品は本当に必要でしょうか?
  • 青汁とマカを飲んでいます。
  • 大豆イソフラボンをしっかり摂取することが大事
  • 日本語は海外で大人気
  • 婚活サイトのメリットとは
  • 引っ越し! 業者側か身内側にお願いする場合?
  • 受けられないということも十分あるはずです
  • 脱毛サロンへいってみたい!
  • 大切とされる属性とは
  • レートの変動による利益やスワップポイントなど
  • 部署の人間に知れ渡ってしまうという事態もまずないと言えます
  • 専門的な言葉がとてもたくさん必要となってきます
  • うまく実行することが簡単になるはずです
  • やり取りしたら他の交通の障害になること
  • 逆に住宅ローンなどといったもの
  • 知っておきたいという際に
  • 優秀な運転手であるだろうと認められ保険料が低廉になります
  • ブレーキパッドやマフラーカッター
  • 体へのストレスが少ないためおススメです